SEO対策 SEO会社 ism株式会社 WEB対策戦略コンサルティング 検索エンジン最適化

ism株式会社イズム
Yahoo!ビジネスエクスプレス

 

Yahoo!ビジネスエクスプレス ディレクトリ登録の効果~

Yahoo!ビジネスエクスプレスは、日本で一番利用されている検索エンジン、Yahoo!検索を運営するYahoo!Japanのディレクトリ登録の審査を、7営業日以内に行ってくれるサービスです。

Yahoo!カテゴリに登録されることはホームページ運営上非常に大きなメリットがあります。検索エンジンの検索結果の上位に出やすくなるほか、Yahoo!カテゴリからのアクセスや、Yahoo!カテゴリに登録されているということでのホームページの信頼度UPなど、ホームページに力を入れている商用サイトはほとんどがYahoo!カテゴリの登録を行っています。

お知らせ:
2010年3月2日(火)より、行政書士・司法書士などの書士業のカテゴリが
「一般のサイト」から、料金の高くなる「その他のサイト」に変更になります。

審査料金が  52,500円 ⇒ 157,500円  となります。

 

このページTOPへ

Yahoo!ディレクトリ登録の難しさ

ホームページに力を入れている商用サイトはほとんどがYahoo!カテゴリの登録を目指すため、Yahoo!カテゴリへの登録は非常に難しい難関となっています。商用サイト以外であれば無料で登録申請をすることもできますが、その場合は「いつ審査がされるかわからない」、「審査が通らなかった場合は連絡はない」(そのため、審査がされたのかどうかすらわからない)、「非常にたくさんの順番待ちのため、審査が何ヶ月先になるかわからない」など、大変な難関と言われています。

 

このページTOPへ

Yahoo!ビジネスエクスプレスなら 審査通過率 94.5%

Yahoo!ビジネスエクスプレスは、上記の登録の難しさのデメリットを全て解消します。具体的には

• 7営業日以内に審査される
• 審査結果をメールでお知らせ
• 審査に落ちたとしても、【なぜ落ちたか】の理由を教えてくれる
• その理由を元に修正すれば、無料で再審査をしてくれる

そのため、Yahoo!ビジネスエクスプレスの申込者のうち、94.5%(2008年1月1日~2008年3月31日までの申し込み受け付け分)がYahoo!カテゴリに登録されています。

 

このページTOPへ

維持費・運営費等はかかりません

Yahoo!ビジネスエクスプレスの登録審査に通り、Yahoo!カテゴリに掲載された後は、掲載を継続するための掲載料や維持費などはかかりません。一度登録されてしまえばお金をかけずに継続して登録され続けます。

 

このページTOPへ

ホームページの効果を早く出したいなら

審査までの期間も【7営業日以内】と早く、審査が通れば1~2営業日程度でYahoo!カテゴリに登録されるので、ホームページの効果を早く出したいならYahoo!ビジネスエクスプレスの利用は非常に効果的です。

新しいホームページを作るときや、既存のホームページがまだYahoo!カテゴリに登録されていないのであれば、この機会にぜひ登録してみて下さい。効果の違いに驚くでしょう。

Yahoo!ビジネスエクスプレス
お申込みはこちら

 

このページTOPへ

Yahoo!ビジネスエクスプレスの審査料金

Yahoo!ビジネスエクスプレスの審査料金は以下のとおりです。

ホームページ運営に力を入れるのであれば、多少の初期投資をしても長期的に後の効果を考えるとYahoo!ビジネスエクスプレスの利用はおすすめします。

一般サイト
(※以下のジャンル以外のサイト)
52,500円(税込み)
その他のサイト
(※以下のジャンルのサイト)
157,500円(税込み)

■その他のサイトジャンル
・書士業に関するサイト(※)
・アダルト、風俗営業関連
・健康食品、健康用品関連
・スキンケア、ヘアケア関連
・エステティックサロン、美容外科などの美容を目的とした施術関連
・鍼灸、整体、カイロプラクティック、マッサージなどの各種療法関連
・探偵などを含む、個人が対象の調査サービス関連
・出会いの提供関連
・ギャンブル関連

※行政書士、司法書士などの書士業に関するサイト は2010年3月2日より、「その他のサイト」に分類されました。

 

このページTOPへ

Yahoo!ビジネスエクスプレスにおける薬事法の注意点

Yahoo!ビジネスエクスプレスでの審査の中で、サイト内の表現で非常に細かくチェックされるのが化粧品や健康食品を扱っているサイトになります。

例えば、化粧品を販売しているサイトで、美容クリームの説明に「目元のしわを防ぐ」という表現や、健康食品を取り扱っているサイトで、ダイエット食品の説明に「体内の脂肪を燃焼させる」という表現。
これらの表現は、消費者の目から見ると、一見魅力的で、かつ購入意欲をそそりますが、実は化粧品や健康食品の広告としては認められていない表現となっております。

このような表現に対して一定の基準を設けているのが、「薬事法」と呼ばれる法律になります。

「薬事法」とは、「医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の品質、有効性及び安全性の確保のために必要な規制を行うとともに、医療上特にその必要が高い医薬品及び医療機器の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ること」を目的とする法律になります。

薬事法の規制対象となる商品は、大きく「医薬品」・「医薬部外品」・「化粧品」・「医療機器」の4 つに分類されます。本来は薬事法の規制範囲外である食品の一部(いわゆる健康食品)についても、医薬品と紛らわしい効能・効果を掲げた場合、薬事法の規制対象となります。
健康食品とは、一般の食品より健康によいと称して売られている食品の俗称になりますが、Yahoo!ビジネスエクスプレスではこの健康食品と化粧品において表現が制限されております。

今回は化粧品と健康食品のその表現範囲の逸脱例を簡単に紹介させていただきますので今後のYahoo!ビジネスエクスプレス対策としてご参考にしていただければと思います。

 

このページTOPへ

化粧品の効能・効果表現の逸脱例

下記の表現は全て効能・効果表現の逸脱に該当しますので、ご注意下さい。

●しわ 「しわの予防や改善」の表現
 ・目元のしわを防ぐ
 ・小じわが消える
 ・できてしまったしわにも効く

●痩身 「やせる表現」
 ・毎日つけてほっそり顔やせ!
 ・1週間使っただけで3キロ減
 ・塗るだけで脂肪を燃焼

●新陳代謝 「肌の機能」そのものにかかわる表現
 ・新陳代謝を促す
 ・細胞を活性化し、肌の内側から潤う
 ・皮膚を漂白して美白肌に

●成分名 「(~に対する)有効成分」という表現、または「成分名」
 ・冷え性の方に有効な成分が配合されています
 ・美白に有効な成分がお肌に深く浸透
 ・育毛促進する有効成分○○○から作られる

●発毛・発毛抑制 「発毛」「発毛抑制」の表現
 ・塗るだけで髪の毛が生えてきます
 ・もうひげは生えてきません
 ・毛根に直接作用して、ムダ毛の発毛を遅くします

●抗酸化 「皮膚の酸化を防ぐ、抗酸化」の表現
 ・抗酸化成分配合
 ・皮膚の酸化を防いで、いつもでも若々しく
 ・活性酸素の発生をおさえる

●アンチエイジング(老化防止) 「若返り」の表現
 ・アンチエイジング効果あり
 ・10代の肌を取り戻す
 ・10歳若返る

●安全性・効果の保証 「安全性」「効果」を保証する表現
 ・皮膚の専門医○○先生の開発なので、アトピーの方にも安全
 ・アレルギー症状の方にもよく効くので安心してお使い下さい
 ・100%シワが消えます

下記は過去に実際弊社からご案内させていただいた修正改善例の一部になります。

 【修正改善例】

・お肌に潤いを与える       → お肌に優しい
・毛穴の汚れをしっかり除去   → 汚れをしっかり洗い落とす
・毎日を若々しく          → 毎日をイキイキと
・続けてわかる違いを実感    → 続けてご利用いただく方におすすめ
・吸収が良いから体感が早い  → 吸収を考えた効果
・続けてわかる違いを実感!   → 続けてご飲用頂く方におすすめ!
・体調や体質、肌質に合わせた → その日の状態や体質、肌質に合わせた
・『肌再生』             → スキンケア
・『小顔効果』            → 美顔引き締め効果    ・・・等

 

このページTOPへ

健康食品の効能・効果表現の範囲

以下のような表現を明記していなくても、その効果があるように感じさせる提示の表現も規制の対象になります。

●身体の組織機能の一般増強、増進を主たる目的とする効能・効果
 ・いつまでもハリのあるお肌でいたいから
 ・免疫力を高める
 ・コレステロールの低下
 ・抗アレルギー作用
 ・体内の脂肪を燃焼させる
 ・利尿作用を促す
 ・老化を抑制
 ・肝臓が気になる方へ
 ・血行を促し、冷え性を解消
 ・病気の引き金となる活性酸素を撃退
 ・動脈硬化を予防

●疾病の治療または、予防を目的とする効能・効果
 ・頑固な便秘が治る
 ・成人病の予防に
 ・つらい更年期の方へ
 ・シミ・ソバカスを防ぐ
 ・目の疲れに効く
 ・首・肩の関節の痛みに   ※身体の特定部位をあげるのも不可

●医薬品的な効能・効果の暗示 ※起源・由来などの説明によるものも不可
 ・中国では血圧を下げる薬として広く知られています
 ・古くから漢方薬として利用されてきました
 ・日本古来より、幻の薬草といわれた○○を配合

薬事法で規制対象になる表現例は、今回ご紹介したもの以外にもまだまだあります。
ただ、この薬事法についてはYahoo!ビジネスエクスプレスの審査基準だけでなく、PPC広告やYahoo!JAPAN広告などに出稿する際の規制の対象にもなります。
ある一定の範囲内での表現を守っていただければ、化粧品や健康食品を扱っているサイトでも消費者に誤解を与えず、健全なサイトとして閲覧していただくことが可能です。

Yahoo!ビジネスエクスプレス
お申込みはこちら

 

このページTOPへ

SEO対策 ism株式会社